ビジネスの新しいカタチをデザインする 株式会社E3

個人情報保護方針


E3(以下当社)は、適切な個人情報の保護を目的として下記の通り、個人情報保護方針を定めます。 

個人情報の取得

当社は、適法且つ公正な手段により個人情報を取得します。また、個人情報の取扱に関する法令、その他の規範を遵守いたします。

個人情報の利用

当社は、取得した個人情報を、取得時に提示した目的の範囲内で取り扱います。利用目的を変更した場合には、ご本人に通知または公表します。

個人情報の管理

取得した個人情報は、利用目的に定められている場合を除き、ご本人の同意なしで第三者への提供はいたしません。ただし、当社の提供するサービス・製品の利用に不正等があると認められた場合には、警察等の関係機関へ情報提供することがあります。

請求等への対応

当会社が保有する個人情報に関して、ご本人から個人情報に関する開示請求または、当該情報に誤りがある場合の訂正等のお申出があれば、法令に定められている場合を除き適切かつ迅速に対応いたします。

第三者への提供

当社は、以下の場合を除き、個人情報を第三者へ開示、提供することはありません。

  • 法令に基づくとき。
  • 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難であるとき。
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難であるとき。
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。
  • あらかじめお客様の同意を得たとき。

請求等への対応

当社が保有する個人情報に関して、ご本人から個人情報に関する開示請求または、当該情報に誤りがある場合の訂正等のお申出があれば、法令に定められている場合を除き適切かつ迅速に対応いたします。

安全対策およびリスク管理

当社は個人情報を適切に管理し、当社ネットワークへの不正なアクセス、個人情報の紛失、漏洩、改ざんなどが発生しないように適切な措置を講ずるとともに、個人情報保護体制の維持・改善に努めてまいります。


反社会的勢力への対応に関する基本方針

当社グループは、反社会的勢力に対して、次に掲げる基本方針に基づき対応します。

1.組織としての対応

反社会的勢力からの不当要求に対しては、担当者や担当部署だけに任せずに、組織全体として対応します。また、反社会的勢力からの不当要求に対応する役職員の安全を確保します。

2.外部専門機関との連携

反社会的勢力による不当要求に備えて、平素から、警察、暴力追放運動推進センター、弁護士等の外部専門機関と緊密な連携関係を構築します。

3.取引を含めた一切の関係遮断

反社会的勢力とは、取引関係を含めて、一切の関係を遮断します。また、反社会的勢力による不当要求は拒絶します。

4.有事における民事と刑事の法的対応

反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両面から法的対応を行います。

5.裏取引や資金提供の禁止

反社会的勢力の不当要求が、事業活動上の不祥事や役職員の不祥事を理由とする場合であっても、事実を隠蔽するための裏取引は絶対に行いません。また、反社会的勢力への資金提供は、絶対に行いません。

ページトップへ